おしりの黒ずみもトレチノインで美白しよう

肘や膝といった部分の黒ずみケアは、しっかりしているけれど、おしりはどうでしょう?
意外と忘れている方も、多いのではないでしょうか。
おしりは意識して鏡で見ないと、自分の目には触れない部位です。

ですので、気が付いた時にはおしりに、黒ずみができてしまっているというケースも少なくありません。
なぜ、おしりに黒ずみができるのかというと、原因は様々です。

下着や服による擦れで、皮膚が刺激を受けメラニン色素が沈着し、黒ずみとなってしまうケースや、肌の乾燥、また炎症やかぶれ、女性ホルモンのバランスが変化する事でも、黒ずみができる場合があります。

温泉などに入る時、おしりが黒いと、やはり恥ずかしいものです。
しっかりと対処すれば、黒ずみは解消されるのですが、対策法としてオススメしたいのが、美白効果に優れたトレチノインクリームです。
トレチノインクリームは、美容皮膚科など医療機関で処方される、外用薬の1つでビタミンA誘導体とも言われています。
ビタミンAも美白効果に優れていますが、トレチノインはその約50倍から300倍もの、生理活性があると考えられている程、美白効果の高い成分です。

肌の奥深くには、基底層という部分があります。
トレチノインはこの基底層にまで浸透し、肌のターンオーバーを高める効果が期待できる成分です。
黒ずみの原因となっているメラニン色素は、細胞に沈着している状態です。
肌のターンオーバーを高める事で、メラニン色素を含んだ細胞を、素早く垢として排出する作用によって、黒ずみを解消します。

ただ、トレチノインクリームを黒ずみが気になる部分に塗るだけですので、手軽な美白治療と言えるでしょう。
トレチノインを活用して、自信の持てる美尻になれるかもしれません。